soyboy の日記

日記です

12/22

今週の金曜日は一級建築士試験の合格発表がある。

結果が気になるし、合否によっては仕事が手につかないだろうから、有給休暇を取った。

 

3ヶ月前の緊張感や切迫感はかなり薄れてしまっているけれど、もう一度あの苦労をしろと言われたら、僕の心は深く落ち込むと思う。

 

 

合格発表のPDFファイルから、自分の名前を探す姿を想像をする。

 

緊張でこころが潰される。

 

 

金曜日はサウナに行こう。

合格でも、不合格でも。

 

 

f:id:soybase:20211223082139j:image

 

 

 

23:10

 

 

 

 

12/21

数年使っていたIHの土鍋が割れてしまった。

我が家にはぼくが大学生の頃から使っている鍋がある。

テフロン加工はとっくの昔に剥げてしまっているけれど、カレーやポークビーンズを作るのには差し支えない。

 

 

「新しい家はガスコンロだからIHの土鍋は連れて行ってもらえないのかと思ったのかな?」

よっちゃんが言った。

 

月日が流れ、社会が変化しても変わらず身の回りにあるモノをもう一度見返した。

新しいモノは魅力的だけど、傷のついた鍋も魅力だ。

 

 

 

f:id:soybase:20211223081611j:image

 

 

 

23:56

 

 

 

 

12/20

健診に行ったよっちゃんにLINEを送る。

明るい返信が来て安心した。

 

今までの素行を精算されるとしたら、ぼくは善人に勘定されるのだろうか。

人を傷つけたり、怠惰に過ごしてしまったり。

良いことも悪いことも、過去の自分に由来する。そんな気がした。

 

 

帰宅するとポークビーンズができていた。

暖かい部屋にトマトの香りが充満する。

 

きょうの出来事を聞く。

年が明ければ少しの間離れ離れになってしまう。

 

まだ現実味のない未来の計画を立ててみた。

 

 

f:id:soybase:20211222081928j:image

 

 

 

 

24:01

 

 

 

 

 

 

 

12/19

ソファ探しの旅も佳境。

今日は少し遠出をしてみた。

お湯を入れた水筒のキャップを強く閉める。

 

 

お洒落なセレクトショップや洗練されたディフューザーのお店たちが美しく商品を並べている。

「久しぶりだとわくわくするね」

 

魅力的なソファにたくさん出会った。

寝そべりながら映画を見る姿を想像して心が躍った。

ひと通り、見終わった後に友達と合流してコーヒーを飲んだ。

暗くなった路面をお店の明かりが照らす。

出窓に置かれたスノードームがクリスマスを待ち望んでいた。

 

 

f:id:soybase:20211221082418j:image

 

 

 

 

 

23:11

 

 

12/18

冷たい風が頬を擦る。

赤くなった耳をおさえながらジョギングを続けた。

 

「奥のりんごは味が悪いんだよね」

よっちゃんが家にあるりんごを指して言った。

「アップルパイにでもしてみようか?」

僕が提案してみた。

 

 

スーパーでパイシートとレモンを買い足し、家でりんごを煮詰めた。

卵、小麦粉、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ、カスタードクリームを作った。

 

 

200℃のオーブンでゆっくりと焼き上げる。

バターの香ばしい香りが部屋に充満した。

 

 

「おいしいね」

 

f:id:soybase:20211220082229j:image

23:41

 

 

12/17

上司が発熱した。

最近ストレスのかかる仕事が続いていた影響だろうか。

今日のプレゼンはひとりでこなさないといけない。

 

 

ここ1年の調整がいよいよ日の目を見る。

全くポジティブな要素では無いにしても、悩み続ける日々からは解放されるかもしれない。

リスクは最小にしなければならない。

ブラックスワンはいつどこに現れるかわからない。

 

 

読む人のいない文章をひたすら練り上げる。

それでも組織は前に進むしか無い。

 

 

 

 

f:id:soybase:20211220081724j:image

 

 

 

23:55

 

 

 

 

 

12/16

後輩が体調不良で午後から休養をとった。

ここ数年で自分が体調不良になった記憶を辿ってみた。

3年ぐらい前に鳥のたたきを食べて、胃腸炎になってしまった事を思い出す。

そこで自分は生の鶏肉を食べられない事を強く実感した。

 

普段の健康に感謝するには、体調を崩すしか無い。

そうだ、ぼくは今幸せだった。

頭では分かっていても心の底から実感できるのは、それを失ってから。

 

 

当たり前のようにiPhoneから音楽を流す。

これも幸せの一つ。

 

 

 

f:id:soybase:20211217081946j:image

 

 

24:09